喪中ハガキで感謝を伝える

今年は祖父が亡くなったので、喪中ハガキを出すことになりました。

それをたまたま友人に話すと、以前その友人が喪中の時に、ちょっと変わったハガキを出して以外に好評だったと教えてくれました。
それはどんなハガキかというと「あけましておめでとうございます」の代わりに、「暮れましてありがとうございます」と書いたんだそうです。

一般的な喪中ハガキではなく、今年一年の感謝の気持ちと自分の近況も添えて、さらにさりげなく喪中という事も伝えられると言うことだったので、それはいいアイディアだと思い、私もその喪中ハガキを作って出すことにしました。

まず、普通の郵便ハガキに、シンプルなイラストと「暮れましてありがとう」の文字をプリンターで印刷しました。
そのあとで、空いているスペースに、手書きで少しコメントを入れました。
全ての人にこの喪中ハガキをオススメすることはできないと思いますが、気心の知れた相手になら、こういうのもいいなあと思いました。